毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子バレー・・・くやしいけど惜敗 (T_T)

<<   作成日時 : 2005/06/26 21:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ワールドグランプリ・女子バレーボールの日本ラウンドが終わった。
今日は、世界ランク2位のブラジルが相手。2連勝同士の対戦だったが、圧倒的に格上のブラジル相手に惜しくも敗れてしまった。伊東美咲さんも応援していたんですけどね。

試合序盤の2セットは連勝。ブラジルも波に乗れず、日本もテンポの良い攻撃が続き先行した。でも、3セット目からはブラジルも調子を取り戻し、日本も疲れからか攻撃が単調になってしまい、最終的には逆転負け。格上相手に、あわやのゲームであったが、最後にはブラジルの底力を見せ付けられた感じだ。

日本のバレーボールも、将来性を思い切り感じさせる内容だったと思う。高橋みゆき選手、大友愛選手、杉山祥子選手などのアテネ組も大活躍。しかし、なんといってもこの試合の鍵となったのは、菅山かおる選手だろう。攻守に渡って大活躍で、特に2セット目に見せたベンチに飛び込みながらボールを追った姿勢は、チームメイトを勇気づけ、盛り上げるものだった。

最終セットは、ゲームとしては非常に見ごたえのあるものだった。10点くらいまでは、ブラジル優位に進んでいたけど、最後は一進一退で両者ともに一歩も退かない手に汗握るものだった。でも、先にマッチポイントを迎えただけに、悔しい思いは倍増だった。本当に悔しい。

今後は、舞台を韓国とタイに移して勝負が続きます。決勝ラウンドはまた日本で開催するので、よい形で戻ってきて欲しいですね。

僕は大友選手を応援しているんですが、今回のプレーで菅山選手も応援したくなりました。代表に呼ばれたときは、リベロとして呼ばれたそうですが、結局アタッカーとしても大活躍。しかも、バレー選手としては決して高くない身長なのに、守備専門のリベロだったのが、攻撃の中心になってしまう。柳本監督の判断が間違っていなかったということなんでしょうね。すばらしい抜擢でした。

北京五輪目指して、がんばれニッポン!!

【ワールドグランプリ・テレビ観戦記】
日本ラウンド第3戦−ブラジル戦−
韓国ラウンド第1戦−ドミニカ共和国戦−
韓国ラウンド第2戦−韓国戦−
韓国ラウンド第3戦−アメリカ戦−
タイラウンド第1戦−ポーランド戦−
タイラウンド第2戦−アメリカ戦−
タイラウンド第3戦−タイ戦−

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女子バレー・・・くやしいけど惜敗 (T_T) 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる