毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】ガンバ大阪×鹿島アントラーズ

<<   作成日時 : 2005/09/25 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どちらのファンでもないが、優勝争いをする2チームの直接対決ということもあり、BS1で試合を見てみた。一時は首位を独走していたアントラーズが、逆に4ポイントもの勝ち点差をつけられ、前節でまた1ポイント差まで詰めたところでの直接対決。ガンバとしては初タイトルに向けて差をつけておきたい、アントラーズとしては自力でひっくり返したいという思いがあったと思う。

僕はアントラーズは好きではないのと、アントラーズの優勝は見飽きているので、ガンバを応援していたのだが、勝ち負けに関わらず試合としては退屈にはならないだろうと感じていた。案の定、とても面白い試合だったと思う(傍観者は気が楽である)。

先制したのは前半9分でアントラーズ。本山選手からゴール前にいるアレックスミネイロ選手にパス。守備陣は当然警戒してかなり引き付けられた感じになった。そこへ後ろから走っていた小笠原選手にラストパス。あまり角度がない位置からのシュートだったが、バランスを崩しながらも見事なシュートだった。

先行されたガンバは、前半23分に二川選手の左からのラストパスからアラウージョ選手がゴール。中央に飛び込んだ大黒選手につられて、フリーになったアラウージョ選手がきっちりと決めた。このときの大黒選手だが、ヘッドで当てることもできたと思うが、おとりに徹してわざと頭をずらしてスルーした気がした。

前半40分には、小笠原選手の技ありのフリーキックが飛び出した。左サイドから蹴ったボールが、GKと詰めたフォワードの間を抜けて、直接ゴールへ。キーパーもどのように反応したらよいか迷うような感じだった。結局、前半を1-2でアントラーズリードで折り返した。

後半は開始早々の6分。アントラーズのバックパスをGKの曽ケ端選手が処理を誤ったところを見逃さず、大黒選手があっさりとゴール。バックパスに詰めていた大黒選手の姿勢が生んだゴールというところか・・・

そのまま、激しい攻防が続く中で、後半44分に大黒選手からのパスを受けたアラウージョ選手が、この日2点目のゴール。長いパスをきちんと処理して、ディフェンダーを引き付けた大黒選手が見事だったと思う。

これで試合は決まったと思った次の瞬間、よく見てない(というか、アラウージョ選手の得点シーンのVTRを流し終わった瞬間)に、アレックス・ミネイロ選手のシュートが決まった。

結局、試合は3-3で終了。首位攻防戦は勝ち点差1のままで終わった。

ところでこの試合、合計8枚のイエローカードが飛び出した。前半はそれほどでもなかったけれど、後半になって乱れ咲き状態。はっきり言って、家本主審はカード出しすぎです。別にカードじゃなくてもいいじゃない、という場面がいくつかあったぞ。

この結果、次節では、ガンバはシジクレイ選手と遠藤選手が、アントラーズはフェルナンド選手が累積警告で出場停止。これが両方のチームにどう影響するかが注目である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【サッカー】ガンバ大阪×鹿島アントラーズ 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる