毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【トリノ五輪】女子モーグル予選・3選手が決勝進出

<<   作成日時 : 2006/02/12 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ついに始まったトリノ五輪ですが、競技初日にまずは注目の女子モーグルが行われました。
予選は30選手が出場して、20選手が決勝に進出することができますが、日本人選手は上村愛子選手、里谷多英選手、伊藤みき選手の3選手が予選を通過しました。残念ながら畑中みゆき選手は、決勝進出を果たせませんでした。

まず登場したのは、4番目のスタートだった上村愛子選手。第1エアでヘリコプターを無難に決め、第2エアで大技となる720<up>o</up>を完璧に決めました。第1エアの着地直後に少しコブに飛ばされた感じがありましたが、ターンもほぼミスなく決まりました。上村選手の3Dエアは、昨年のW杯でも金メダルを獲得したように、世界のトップレベルに達してますね。決めた瞬間は大歓声が起こってました。上村選手のスコアは、ターンポイントが12.4点、エアポイントが5.89点、タイムポイントが5.91点で合計24.20点となり、予選5位で決勝進出となりました。

次に登場したのは、5番目のスタートだった伊藤みき選手。第1エアをヘリコプター、第2エアでバックフリップをミスなくこなしました。ターンは若干スピードに乗っていなかったものの、まずまずの出来だったと思います。第1エアから第2エアまでのミドルセクションで、やはりコブに飛ばされたようで、膝が開いてしまった場面がありましたね。これがなければ完璧だったと思います。伊藤選手のスコアは、ターンポイントが11.7点、エアポイントが4.93点、タイムポイントが5.71点で合計22.34点となり、予選15位で決勝進出となりました。

次に登場したのは、17番目のスタートだった畑中みゆき選手。伊藤選手同様に、第1エアをヘリコプター、第2エアでバックフリップでした。第2エアの着地が、少しだけ後傾になってしまったでしょうか。ターンも出だしは快調でしたが、第2エアの手前でバランスを崩しましたね。すぐに立て直してエアに入ったのは上手かったですが、完全に体勢が崩れてしまっていましたので、このミスが痛かったです。畑中選手のスコアは、ターンポイントが9.1点、エアポイントが3.88点、タイムポイントが5.63点で合計18.61点となり、予選27位で決勝進出はなりませんでした。

最後に登場したのは、26番目のスタートだった里谷多英選手。第1エアをバックフリップ、第2エアをダブルツイスターからスプレッドイーグルのトリプルでした。第1エアでスピードがない分だけ、バックフリップがちょっと小さかったのと、第2エアの2番目のツイスターが小さかった感じでしたが、ターンの上手さと速さは相変わらずでした。里谷選手が滑ったコースは、第1エア直後に板が流れる選手が多かったですが、里谷選手はうまく抑えてましたね。里谷選手のスコアは、ターンポイントが12.4点、エアポイントが5.12点、タイムポイントが6.11点で合計23.63点となり、予選9位で決勝進出となりました。

予選を1位で通過したのは、カナダのジェニファー・ハイル選手でした。この選手のターンは本当に綺麗ですね。上半身の軸に全くブレがなく、膝の動きも完璧と言っていい滑りでした。滑り終わった瞬間にトップに位置するのは予想できたのですが、合計26.67点と1人だけ26点台という高スコアで断トツでしたね。さすがに女王という滑りでしたが、この選手に勝たないと金メダルはないのかと思うと、見ている方としてもちょっと気が重くなりました。

3選手とも、決勝も頑張ってください。
日本人で表彰台を独占・・・なんてことになれば凄いんですけどねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私も予選を見ていましたが、うぉんばっとさんの解説を読んでなるほど〜!と思いました。
3時から決勝ですよね。。眠いのでもう寝ちゃいますが、3選手の活躍を祈ってます。
ふぐ
2006/02/12 02:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【トリノ五輪】女子モーグル予選・3選手が決勝進出 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる