毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】FC東京・2得点も勝利できず

<<   作成日時 : 2006/03/21 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

J1リーグ第4節が各地で行われ、ニョーボが応援するFC東京はアウェーで川崎フロンターレと対戦しました。ここ2試合、ストアレスで完敗を喫していることもあり、ガーロ監督もメンバーをいじってきましたが、よい面と悪い面がある不思議なメンバー構成になりました。

本当ならばこの試合を見に行く予定だったのですが、最近の体調不良もあり、翌日の仕事に堪えるのでテレビ観戦で済ませたのですが、イライラする点が多かった反面で、前戦までのように攻撃面がまったく機能しないこともなく、それなりに面白い場面も多かった感じでした。

今日のスタメンは、

 GK・土肥
 DF・徳永・ジャーン、茂庭、鈴木規
 MF・伊野波、今野、宮沢、馬場
 FW・リチェーリ、ルーカス

という布陣でした。

中盤はここ最近の試合で目立った活躍ができていない梶山選手に代えて宮沢選手を起用してきましたが、この起用は正解だったと思います。前の試合まで3トップだった前線には、久しぶりにリチェーリ選手を起用。
トップからやや下がった位置でプレーしていたルーカス選手を最前線に上げて、トップ下に馬場選手を投入しました。トップ下の馬場選手の起用はよい判断だと思いますが、最も得点を期待できそうなササ選手を下げて、リチェーリ選手を投入したのは疑問ですね。僕としては、外国人選手を下げるならば、梶山選手同様に目立った働きができていないルーカス選手にすべきだという考えです。リチェーリ選手もプレーがまだまだ荒いですし、このメンバーを見たときに正直言って勝ちはないと思いました。

試合ですが、先攻したのはフロンターレ。
フリーキックから谷口選手がヘッドで押し込んだものですが、セットプレーからの得点はある意味で事故のような側面もありますし、仕方ないと思いました。フリーキックもシュートも完璧でしたし、相手のプレーを誉めるしかないですね。

後半に入って、セットプレーからジャーン選手のゴールで同点に追いつきましたが、前線の選手の得点が期待できなかっただけに、ジャーン選手が見事に決めてくれてよかったです。
さらに、スルーパスを受けて1人で持ち込んだ川口選手のシュートもよかったですね。ディフェンダーやキーパーを冷静にかわして、無人のゴールへシュート。すぐ前に今野選手のまぼろしのゴールがあったりしましたので、瞬間的に喜べなかったんですが、ベテランらしい落ち着いたプレーでした。

その後、フロンターレの見事なパス回しからのゴールで同点に追いつかれましたが、試合としては楽しめた試合だったと思います。あとは、決めるべき人がきちんと決めて欲しいところですね。FC東京の監督は、原監督にしてもガーロ監督にしても、ルーカス選手を本当に大事にしているようなので、その期待に応えて1試合1点以上を取るつもりで、もっと積極的になってほしいものです。

ちなみに、僕はまだガーロ監督の人選や選手交代が掴みきれていません。
今日の選手交代にしても、怪我をしたリチェーリ選手は仕方ないにしても、好調だった宮沢選手に代えて増嶋選手を入れたのは、理解できませんでした。正確なパスやキックは、今日のFC東京の攻撃に欠かせないものだったと思いますが、1点リードしたところであっさりとディフェンスを強化してきましたよね。

攻撃は最大の防御だと思うんですが、攻撃の起点がなくなってしまった上に、ディフェンス5人体勢に変わった直後に同点にされたことを考えると、悔やまれる試合だったと思います。

まだまだ課題は多そうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【サッカー】FC東京・2得点も勝利できず 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる