毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】柏レイソル負けなしの6連勝

<<   作成日時 : 2006/04/05 22:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Jリーグ2部(J2)第7節が行われ、柏レイソルは今年からJリーグに参戦している愛媛FCを1-0で下して、開幕から負けなしの6連勝を飾りました。昨年はJ1で散々の成績に終わり、入れ替え戦でヴァンフォーレ甲府に完膚なきまで叩きのめされたことを考えると、J2での戦いとはいえ、本当に順調に来ていると思います。

前節では、同じく降格組で首位争いをしていた東京ヴェルディに対して、前半開始早々に先制したものの、バジーリオの2得点によって、前半が終わらないうちに逆転を許してしまいました。昨年のレイソルならば、ここで撃沈していたところだと思いますが、今年はそこから逆転する強さを身につけています。

第2節でザスパ草津相手に4点をとりましたが、残りの5勝は1点差が4試合、2点差が1試合ということで、接戦にも強くなってきていると思います。石崎監督が考えているプレスサッカーが、実はレイソルにはぴったりの戦法だったということなのでしょうか。

今回の試合では、チームの稼ぎ頭の1人である北嶋選手が、怪我明けということで控えスタートだったのですが、同じく稼ぎ頭の1人であるディエゴ選手が、後半35分になってやっと先制点を決めてくれました。最少得点で勝てるということは、守備がしっかりしているということなので、この先も安定した戦いを見せてくれそうな気がしています。

これで、レイソルは6勝1分けの勝ち点19となり、2位のベガルタ仙台に対して勝ち点7の差をつけました。ベガルタが1試合少ないとは言え、2試合分以上の差をつけているということで、シーズンが始まったばかりではありますが、堂々の首位を言っても過言ではないでしょう。

さらに先が楽しみなのは、得点者が幅広いことです。ディエゴ選手が4得点、北嶋選手が3得点、岡山選手、谷澤選手、小林選手が2得点ずつ取っていることから分かるように、みんなが点を取りに行っています。得点が1人の選手に集中してしまうと、どうしてもその選手にボールを集めようとしてしまいますが、多くの選手が点を取れれば、攻撃のバリエーションもいろいろと考えることができますよね。

次節は、中2日という厳しい日程で、やはり降格組のヴィッセル神戸と対戦します。
ホームでの戦いになりますので、今度はサポーターが安心して見ていられるように、点をどんどん取ってもらいたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【サッカー】柏レイソル負けなしの6連勝 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる