毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】FC東京・ジュビロに快勝!!

<<   作成日時 : 2006/04/09 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像昨日の土曜日、味の素スタジアムに「FC東京×ジュビロ磐田」の試合を見に行きました。
対戦相手のジュビロには、一時期は全く勝つことができなかったので、その頃は見に行ってもよい記憶がないのですが、ここ最近は3戦連続で負けなしの状況だったので、ちょっとした期待とちょっとした不安を抱えながら見に行きました。結果は3-1で快勝して、気分よく観戦することができました。

この日の先発は、
 GK・土肥
 DF・徳永、増嶋、茂庭、鈴木規
 MF・伊野波、今野、梶山、栗澤
 FW・ルーカス、ササ
という布陣。最近は先発フォワードに、川口選手を起用してきましたが、古巣相手ということも関係しているのか、ササ選手を投入してきました。

この試合では、FC東京が上手くボールを回す場面が多く見られました。前回の試合までと比較すると、ボールのキープも上手くできていて、ガーロ監督が求めているポゼッションサッカーを少しずつではありますが、理解し始めてきているという印象を受けました。

前半戦は、両者ともに惜しい場面が見られつつも、得点できない状況が続いていたのですが、前半22分にルーカス選手の今季初ゴールが生まれました。右サイドを上がってきた徳永選手から栗澤選手へ、栗澤選手が前線へ出したパスをルーカス選手が伸ばした足の先で浮かせたことによって、見事なループシュートが決まりました。反対のゴールに決まったので、こんな芸術的なシュートだったことはリプレーで知ったのですが、ジュビロのGK・川口選手の頭上をボールが越えていく様子はしっかりと確認でき、ホームのゴール裏は大盛り上がりでした。

その直後の前半25分には、名波選手→ファブリシオ選手→村井選手と繋げられて、あっと言う間に同点にされました。このシュートも、一度は土肥選手が止めていたのですが、ボールの回転がよい方向だったためか、バタバタしている間に勝手にボールがゴールラインを割っていました。目の前で起こったことでもあり、土肥選手が一度止めてからゴールに入るまで、少しの時間があったため、きっとゴール裏のサポーターはみんな「ヤバイ、入るな、誰かクリアしろ、うわぁ入れられた」という感じだったのではないでしょうか。実際に僕も、このくらいのことを考えていました。

しかし、同点にされた後も流れは非常によく、前半も終わりに近づいた42分に、再びルーカス選手のシュートが磐田ゴールに突き刺さりました。この得点の起点となったのは、梶山選手のスルーパスでした。スルーパスからの攻撃は一度は川口選手に阻まれたのですが、梶山選手のコーナーキックを、ニアにいたルーカス選手が、またも足を伸ばしてボレーシュート。これも体勢的には難しいところだったと思うのですが、何とか入ってくれてよかったです。

後半に入って、今日はいつになく不調だった伊野波選手に代えて、宮沢選手を投入。ボランチの底に今野選手を下げて、その両翼に梶山選手と宮沢選手が入る布陣に変更しました。これが非常に効果的だったと思います。守備にも攻撃にも安定している今野選手を下げたことによって、梶山選手や宮沢選手が思う存分動き回っていました。そういえば、57分に放った梶山選手のミドルは惜しかったですね。本当にボール1個内側に飛んでいれば、もしかしたら左下隅に決まっていたかもしれないくらい、低くコントロールされたシュートでした。

後半唯一の得点シーンは、66分に生まれました。梶山選手がキープしたボールを中央の宮沢選手へ、そして左サイドを上がっていた今野選手へ。今野選手が中央へ低いパスを送り、最後は栗澤選手が押し込むという、チームプレーとしては見事なくらいはまっていたプレーでした。栗澤選手は、今回の試合ではまさしく司令塔という感じでしたね。周りの選手を上手く生かすと同時に、自身も積極的に動いていました。そういえば、昨年はこういうプレーをしていましたよね。今年は陰を潜めていたので、今日のようなプレーをもっとして欲しいですね。

終盤は守りに入ったせいもあって、ちょっと危ない場面も多かったですが、終わってみれば相手のシュートを8本に抑えていましたし、オフサイドも7回とっていますので、守りの安定性はかなりよくなっているということでしょう。

そういえば、この試合で増嶋選手とカレン選手のマッチアップが多く見られました。同じ高校でしのぎを削った同期ですが、カレン選手がこれまで数多くの試合に出場しているのに比べて、ディフェンダーというポジションの特性もありますが、増嶋選手はあまり活躍の場をもらえていませんでした。そういったこともあって、増嶋選手としてはカレン選手だけには負けられないという意気込みもあったのでしょうね・・・なかなか見事なディフェンスでした。

ところで、今日の主審の吉田寿光さんのジャッジ、スペシャルレフリーとしては判断基準が曖昧だったような気がしました。ちょっとしたフリーキックやスローインの位置の違いでやり直しさせる場面があったと思えば、全然違うところからフリーキックしても何もしないことがあったり。プロのプレーとしてはよくある場面でカードを出したかと思えば、ゴール前の決定的な場面でのファールでカードを出さなかったり。素人の僕らには分からない何かがあるのかもしれませんが・・・

次の試合は、アウェーでナビスコカップの横浜Fマリノス戦。マリノスは、先日の試合で増嶋選手の奇跡の同点ゴールがあり、そんなに悪いイメージは持っていないはず。対するマリノスの選手は、FC東京に多少の苦手意識を持っているようです。まずは、カップ戦初勝利と行きたいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【サッカー】FC東京・ジュビロに快勝!! 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる