毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【競馬】ディープインパクトが凱旋門賞に参戦

<<   作成日時 : 2006/05/08 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

先に京都競馬場で行われた春の天皇賞を制し、4つ目のG1タイトルを獲得したディープインパクトが、今年の10月にフランス・ロンシャン競馬場で開催されるG1レース「凱旋門賞」に参戦することが決まったそうです。

凱旋門賞は世界最高峰のレースの1つに数えられており、毎年世界中のトップホースとトップジョッキーが集結することでも知られています。開催されるロンシャン競馬場は、日本のきちんと整備された芝とは異なり、同じ2400mのレースでもさらなる持久力を必要とするタフなコースとして有名です。3200mを制したディープならば、持久力の面では問題はないと思いますが、日本の競馬場に慣れている同馬にとっては、タフな芝には苦労させられるかもしれませんね。

当面の目標は、6月25日に開催される宝塚記念ということですが、凱旋門賞に出走するからには、国内では負けるわけにはいかないですよね。当初は、7月29日にイギリスで行われる「キングジョージ6世&クイーンエリザベスD.S」に出走するプランもあったようですが、レース間隔が充分にとれないことと、アスコット競馬場の高低のあるタフなコースを避けたいということで、宝塚記念から凱旋門賞というステップになったようです。

有馬記念でディープインパクトを破ったハーツクライは、キングジョージから凱旋門賞というステップを踏むようで、宝塚記念では再対決は見られないものの、フランスの地で有馬記念1、2着馬の再対決が実現しそうです。日本では馬券を買えないため、純粋にレースとしての競馬を楽しむことができそうですね。

過去には、凱旋門賞に何頭かの名馬が日本からも出走しましたが、最高位となったのは1999年に出走したエルコンドルパサーの2着となっています。エルコンドルパサーの場合は、直前の海外でのレースに快勝してから凱旋門賞に向かったため、準備万端という感じでしたが、今回は準備レースを使わないローテーションのようなので、一発勝負がどこまで通用するかが楽しみでもあり、心配でもあります。

勝ち負けも楽しみですが、何より怪我なく帰ってきて欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
??????????????????????????
{/kaeru_en2/}&&&&&&&&?&&&&&&?&&?&?&&?&&&&?&&&?&&?&&&&??&&???&&&&&&&&&&&&&& ...続きを見る
??????????????$???〓?...
2006/05/09 01:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しみです!
頑張って欲しいな
ふぐ
2006/05/11 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【競馬】ディープインパクトが凱旋門賞に参戦 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる