毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【女子バレー】クールマイヨール準決勝・イタリアに完敗★

<<   作成日時 : 2006/06/17 09:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

イタリアのクールマイヨールで開催している「クールマイヨール国際大会」ですが、準決勝は予選2位となったイタリアと対戦しました。日本はちぐはぐで精彩の欠く攻撃で、セットカウント1-3(25-22、16-25、19-25、17-25)でスコア以上の完敗を喫してしまいました。

この日のスタメンは、竹下佳江選手、高橋みゆき選手、菅山かおる選手、宝来眞紀子選手、杉山祥子選手、高橋翠選手の6人と、リベロの井野亜希子選手でした。前日のブルガリア戦と同じメンバーでしたが、期待された速い攻撃と的確な守備はあまり見られませんでした。

第1セットは、イタリアの動きがイマイチの状態で、日本は菅山選手の2連続得点から始まり、宝来選手、高橋選手が着実に得点を重ねました。序盤は7点差をつけるまでに至ったのですが、徐々にイタリアもペースアップしてくるとともに、日本のトスミスやレシーブミスなどもあり、後半はどちらかというと流れはイタリアにありました。

いつもは的確なレシーブを見せる高橋選手、菅山選手が、この日は調子がイマイチ。攻撃はそれなりに有効に働いていたのですが、普段ならば拾えそうなボールに対して、あと一歩の踏み込みができなかったり、後ろに逸らしてしまったりしてました。

第2セットは、完全にイタリアペースでした。序盤はイタリアのアタックに、中盤以降はブロックに悩まされました。いつもならば、高いブロックに対してもテクニックで対抗する落合選手が、完璧にブロックに捕まる場面が多かったです。最近好調だった竹下選手と宝来選手のクイックもタイミングが合っておらず、かする程度でとりあえず相手コートに返る場面や、宝来選手が触れることすらできない場面がありました。

第3セットは、いきなり2本連続でサーブレシーブが乱されてしまいました。常にイタリアが先行する展開だったのですが、途中で竹下選手のサービスエースや杉山選手のブロックなど4連続得点もあり、3点差まで追いつくといういい流れもありました。しかし、その後もトスミスやレシーブミスが多く、ラリーも粘り負けしてしまうなどで、さらに詰め寄ることができず、最後は4連続で失点してしまいました。

第4セットは、序盤は宝来選手の活躍で競り合っていたのですが、徐々に日本のミスもあってイタリアペースになっていきました。このセットは、日本が頑張って頑張ってやっと1点取るのに対して、イタリアはいとも簡単に点を取ってしまうイメージがありました。ミスが多く無駄な攻撃が多かったせいもありますが、高さのないメンバー構成だけに、体力の浪費が激しいということでしょうか。

結局、柳本監督は、この試合でセンター以外の背の高い選手を一切使いませんでした。落合選手や板橋選手への選手交代のタイミングも、効果的ではなかったように思います。今日の試合で試したいことが何だったのか、正直言ってよく分かりません。

今夜は、今回のヨーロッパ遠征の最後の試合となる3位決定戦で、予選最終戦でストレート勝ちをしたブルガリアと再度対戦します。前回のブルガリア戦は、勝ったけれど「何だかなぁ」という感じでしたけど、今回はすっきりとした試合で、有終の美を飾って欲しいですね。

がんばれ、ニッポン!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【女子バレー】クールマイヨール準決勝・イタリアに完敗★  毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる