毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】柏レイソル・東京ヴェルディに快勝☆

<<   作成日時 : 2006/10/14 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Jリーグ・ディビジョン2(J2)第44節が行われ、柏レイソルはホームの柏の葉公園総合競技場で、東京ヴェルディ1969と対戦しました。今年の対戦は2勝1敗ですが、もともとJリーグで最も嫌い(昔から読売系列が嫌いだから)なチームである上に、ラモスが監督を務める東京ヴェルディを相手に五分の星などもっての外です。今日の対戦は注目してテレビ観戦していましたが、結果は4-1と快勝で、対戦成績を3勝1敗としました。

今日のスタメンは

 GK 南
 DF 小林亮、岡山、小林祐、石川
 MF 藏川、落合、リカルジーニョ、ディエゴ
 FW フランサ、鈴木達

でした。鈴木達選手がちょっと左のアウトサイドっぽい位置でしたから、どちらかというと4-5-1という感じだったでしょうか。亮選手がアウトサイドっぽいときもあったので、3-5-2みたいな感じでもありましたね。ま、細かいシステムはどうでもいいですね。

今日は、先取点が入るまでは、あんまりいい感じじゃなかったですね。レイソルも攻めていましたけど、ヴェルディもかなりよい攻撃を仕掛けていました。特に廣山には危険な場面を何度か作られていましたね。

そんなこんなで、先取点は前半27分。右サイドから上がっていた藏川選手が、相手DF2人をかわして、ゴール右からシュート。一度は相手GKに止められたものの、跳ね返りのボールに走りこんで叩きつけるようなボレーシュート。ワンバウンドしたボールが、無人のゴールに詰めたDFの頭上を越えるようにして吸い込まれました。このシュートも見事でしたが、この日の藏川選手はかなりキレがありましたね

そして2点目は前半36分。コーナーキックの競り合いのこぼれ球を、途中出場の佐藤由紀彦選手が拾い、前を走る亮選手へ。亮選手がゴール前中央に走りこんだリカルジーニョ選手へパス。1枚ついていた相手DFを振り切ってシュートをすることもできたと思いますが、隣を走ってきた鈴木達選手に冷静にパスして、鈴木達選手がそれを落ち着いて流し込みました。カウンターの典型のような攻撃でしたが、コーナーキック直後のゴタゴタしたところから、由紀彦選手が最初に落ち着いてパスを出せたのが勝因ですね。

続いて3点目は、前半40分。右サイドの藏川選手が、ペナルティエリアやや外側から、いい位置にクロス。それをフランサ選手が頭で落として、そこに走りこんだ由紀彦選手がゴール。正直なところ、フランサ選手のヘッドはシュートだったと思いますが、あのまま見送っていたら完全に枠の外だったので、由紀彦選手のナイスサポートという感じですね。

前半は3点を取っていい感じではありますが、前半32分に攻撃の要であるディエゴ選手が負傷退場してしまいました。そのまま抱え上げられながらロッカールームに戻っていきましたが、どんな具合なのかが非常に心配です。ひどいのは、このときの審判の対応ですね。結果として相手のフリーキックになったわけですが、選手が1人動けない状態にあるのが分かっていて、それでもフリーキックを再開させました。普通は再開しないでしょう・・・前半13分の祐三選手へのアフターチャージにしても、非常に危険なプレーだったにも関わらず、カードすら出なかったし、危険なプレーに対するジャッジがかなりいい加減な感じがしました(所詮はこの程度かなという気もしますが)。

さて、後半。3点とって安心してしまったのかもしれませんが、どちらかと言うとヴェルディ優勢な流れでした。攻撃は最大の防御・・・最後には得失点差の争いになることもあるし、前半と後半は別なゲームと考えて、勝ちに行かなくちゃ。

と思っていたら、後半19分に4点目が入りました。由紀彦選手がが右サイドからクロスを上げて、中央にいたフランサ選手へ。ポストとなって落としたボールを、後ろから上がってきた鈴木達選手が持つと、そのまま相手DFの間を縫って中に持ち込んでシュート。あまり角度のないところから、狙い澄ましたいいゴールだったと思います。

後半36分に、相手GKからの縦パス1本だけでシュートまで持ち込まれて、1点を失ってしまいましたが、レイソルGKの南選手はなかなかよく守っていたと思います。相変わらずちょっとしたミスは何度かありましたが・・・

僕の目で気になったのは、フランサ選手ですね。4点目のポストプレーなど、よいプレーが何度もあったのですが、試合全体をみたときに、中途半端なプレーが多かった気がします。パス出しも相手に取られることが多かったですし、打てる場面でシュートしなかったり、プレーに消極的なところがあるように見受けられました。

勝ったこと以外に良かったのは、後半のロスタイムに投入された近藤直也選手。トップの試合の出場は本当に久しぶりですよね。前節はサブに入っただけでしたから、今年初登場ですね。これで近藤選手が完全復活すれば、DFの層もまた厚くなりますね。楽しみです。

ヴェルディ戦は、過去3戦ともに両チーム合わせて5点が入ってます。第1クールが3-2、第2クールが4-1、第3クールが1-4。今日は5-0の予定だったんですが、4-1になってしまったのは悔しいですね。

次節はアウェーで愛媛FCと対戦です。過去3戦はいずれも勝利していますが、最初の2戦が1-0で、しかも試合終了が近づいてから何とか1点を取る試合でした。今日の試合で気を緩めないで、次の試合も勝ちに行ってください。

がんばれ、レイソル!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【サッカー】柏レイソル・東京ヴェルディに快勝☆ 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる