毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】FC東京・平山初ゴールで7試合ぶり勝利☆

<<   作成日時 : 2006/10/07 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

Jリーグ・ディビジョン1(J1)第26節が行われ、ニョーボが応援するFC東京はアウェーとなる名古屋市瑞穂陸上競技場で、名古屋グランパスエイトと対戦しました。FC東京は現在リーグ戦6連敗中、しかも瑞穂競技場では4戦4敗ということで、不利な条件が重なっていましたが、2-1と7試合ぶりの勝利を飾りました。

今日のスタメンは

 GK 土肥
 DF 徳永、ジャーン、茂庭、藤山
 MF 今野、三浦、石川、戸田、梶山
 FW 平山

という布陣。前節の新潟戦でJリーグデビューを飾ったものの、まだまだ動きが鈍かった平山選手を、今日も1トップで使ってきました。何よりもディフェンスの要である茂庭選手が第20節の清水戦以来の復活を果たしました。思えば、この清水戦から連敗街道が始まったので、茂庭選手の重要性を改めて認識させられた気分です。

今日の試合、前半の前半は完全にグランパスペースでした。FC東京はほとんどパスが繋がらず、チームとして何がやりたいのか分からない状態でした。パスの正確性は低く、出すパスも勢いが弱いため、すぐに相手に取られてしまうという酷い有様でした。

そんな中で前半22分の生まれた1点目は、平山選手の記念すべきJリーグ初ゴールでした。梶山選手のシュートをグランパスの楢崎が弾いたのを押し込んだ、悪く言えば「ごっつぁんゴール」ではありますが、きちんと詰めていたところは評価したいですね。

後半に入ってからは、強い風に逆らって攻撃をする形になり、ついに後半12分に同点ゴールを決められてしまいました。オフサイドの掛け損ないという感じでしたが、あんなに簡単に抜け出されてしまうのは頂けないですね。

ここ最近の試合結果からして、今日もまた勝てないかと思っていたのですが、後半34分石川選手のゴールが決まりました。徳永選手のパスを平山選手が中央で受けて、そのまま切り込んで行ったのですが、これはさすがにディフェンスされました。しかし、そのボールを相手がクリアしようとしたところを今野選手が足でブロック、当たったボールが走りこんでいた石川選手の前に飛び、そのままシュート。平山選手が相手のディフェンダーを3人も引き付けたため、石川選手の前は全くのクリアな状態でした。

そんなこんなで、2ゴールに絡む活躍をした平山選手でしたが、やっぱり動きはまだまだですね。特に両アウトサイドの戸田選手、石川選手が活発に動く分だけ、中央の平山選手の動きの鈍さが目立ちました。ミドルシュートも打っていましたが、無理にディフェンスラインに突っ込んで行く場面もあり(結果的に2点目に結びついたよい面もありましたが)、攻撃にしても守備にしても、よく見積もって及第点という内容だったと思います。

なんにしても、7試合ぶりに勝利を飾れたのは大きいですね。J1は現在、下位3チームが抜け落ちている状況ですが、さすがにこのまま負け続けていれば、仲間入りしてしまうように感じていました。

これで残留の1つの目安となる勝ち点30に乗せました。ここから先は上位のチームとの対戦が多いですから、この調子で次節のサンフレッチェ広島戦も勝って、残留の危機を完全に取り除きたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
J1 日本のサッカー
日本に「Jリーグ」という言葉が知れ渡り始めたのは、1993年5月15日のこと。 ...続きを見る
スポーツ情報
2006/10/25 11:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【サッカー】FC東京・平山初ゴールで7試合ぶり勝利☆ 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる