毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【サッカー】柏レイソル連敗・・・まさかの逆転負け

<<   作成日時 : 2006/11/26 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

柏レイソル、まさかの連敗です。
柏サッカー場にコンサドーレ札幌を迎えて行われたJ2リーグ。先に行われた首位の横浜FCの勝利を受けて、後に続きたいレイソルでしたが、なんと後半に3点を取られて逆転負け。これでJ2優勝の可能性はなくなり、自力での自動昇格も完全に消滅しました。

何がいけないって、打つシュートが全然枠に収まらないのがいけない。蔵川選手しかり、リカルジーニョ選手しかり、鈴木達也選手に至っては、どこを狙っているのか聞いてみたいくらいだった。

前半3分の蔵川選手。相手キーパーのミスパスで、ディフェンダーへのボールをインターセプト。余裕で1点目かと思いきや、ゴール右に外れてしまった。思えば、枠外シュートの口火はこのシュートでした。もちろん、相手キーパーのファインセーブもあったんですけど。

そんな中でレイソルの得点シーンは、見事でした。
1点目は前半32分。なぜか左サイドにいた蔵川選手から上がったクロスに、山根選手が飛び込んでヘディングシュート。上がったクロスもよかったですが、山根選手がドンピシャと合わせてくれました。
2点目は後半9分。レイソルのコーナーキックからのシュートのこぼれ球をミドルシュート。このミドルシュートも完璧だったのですが、相手GKが横っ飛びで弾きました。しかし、弾いたボールを石川選手が足を伸ばして押し込み、いいところで追加点が生まれました。

レイソルがおかしくなったのはここからですね。決定力がないのは変わらないのですが、2点を取るまでとは別のチームのようになってしまいました。きっかけは、直後に決められたコンサドーレの相川選手のゴールだったと思いますが、それまではかなり高い位置でキープしていたディフェンスラインがどんどんと下がっていき、中盤が空くようになって、そこに攻撃力の高いフッキ選手や相川選手などが面白いように走りこむようになりました。

前半は次から次へと繰り出される攻撃の二の矢三の矢で、相手陣内でプレーすることが多かったのですが、後半はつまらないパスミスや攻撃の遅れからボールを奪われて、少ないパスでゴールまで持っていかれる場面が増えました。レイソルは、シュートの課題も非常に大きいのですが、それ以上にパスの正確性にも問題がありますね。テンポの良いときは、本当に気持ちよいくらいパスが繋がりますが、ちょっと気を抜くと中途半端な強さのパスや、意図が見えない方向へのパスが出てしまいます。

来週の土曜日は、いよいよ最終戦。相手の湘南ベルマーレは、9月に4-0で快勝した相手です。とにかく、自動昇格をするには勝つしかないわけなので、きっちりと勝って、神戸が引き分け以下になることを切に祈りましょう。

がんばれ、柏レイソル!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【サッカー】柏レイソル連敗・・・まさかの逆転負け 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる