毎日が独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 【競馬】エリザベス女王杯・カワカミプリンセスが1着降着

<<   作成日時 : 2006/11/12 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

秋の女王決定戦となる第31回エリザベス女王杯(G1、芝2200m)が行われ、福永祐一騎手騎乗の7番人気フサイチパンドラが優勝しました。2着に2番人気のスイープトウショウ、3着に4番人気のディアデラノビアが入線しました。3歳牝馬G1で2冠を制して、このレースでも1番人気に押されたカワカミプリンセスは、最後の直線でヤマニンシュクルの進路を妨害したということで、快勝から一転して12着に降着となってしまいました。

勝ったフサイチパンドラは、カワカミプリンセスと同じ3歳牝馬ですが、重賞初勝利がG1の舞台となりました。もともと実力はある馬で、春に行われた桜花賞こそ大きく敗れてしまいましたが、桜花賞以外の過去3回のG1レースでは、2歳時の阪神ジュベナイルフィリーズで0.3秒差の3着、3歳になってからはオークスで0.1秒差の2着、秋華賞で0.3秒差の3着に入っており、3歳牝馬の中では実力馬の1頭に数えられていた馬でした。タナボタとは言え、古馬に混じったレースで優勝できたということは、やはり相応の実力があるということですね。

降着となったカワカミプリンセスは、3歳牝馬G1の2勝を含めて、デビューしてから無敗を貫いてきました。春の桜花賞こそ間に合いませんでしたが、その後は着差以上の強さを見せており、今回も初の古馬とのレースにも関わらず1番人気に推されていました。今回、入線順通りに確定していれば、年間でG1を3勝となり、最優秀3歳牝馬のタイトルはもちろんのこと、年度代表馬すら視野に入ったかもしれませんね。ちょっとケチが付いてしまった感じです。

初めての古馬と対戦するG1レースで勝利を収めるのは難しく、無敗で3冠を達成したシンボリルドルフやディープインパクトですら成しえなかった偉業。過去には、2002年にエリザベス女王杯を勝ったファインモーションしかいないんですね。幻の無敗の変則3冠馬になることはできませんでした。

とはいえ、カワカミプリンセスの強さは認めざるを得ないところがある訳で、このまま有馬記念出走ということも考えられますね。予期せぬ形で連勝街道が途切れてしまったわけですから、ちょっと強気に行ってみてもいいのかなという気はします。ま、あくまでも決めるのは馬主さんとか調教師さんですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【競馬】エリザベス女王杯・カワカミプリンセスが1着降着 毎日が独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる